小じわ(浅いしわ)に効果的な化粧品とは?

乾燥が原因でできる小じわ(浅いしわ)
効果的な化粧品を選ぶ場合の注意点を
詳しく調べてまとめました。

 

小じわ(浅いしわ)は、目元や口元など、
皮膚が薄いところにできるのが特徴です。
年代に関係なく、表皮の水分量が
何らかの原因で減り、肌が乾燥することで

一時的にできる小じわ(浅いしわ)は、
しっかり保湿することで改善されていきます。

 

小じわ(浅いしわ)を効率良く改善するには、
徹底的に保湿を行うことが大切です。
保湿力の高い化粧品を選び、秋冬など
乾燥する時期には部屋を加湿するよう
心掛けましょう。
保湿力の高い成分は、次の通りです。

 

セラミド
表皮の角質層に存在する、細胞と細胞の間を埋める
細胞間脂質の一つです。1〜7まで種類があり、
もっとも保湿力の高い成分といわれています。

 

ヒアルロン酸
真皮に存在する、肌の潤いや弾力を保持している成分です。
セラミドに次いで保湿力が高く、年齢とともに減少するため、
しっかり補うことで、小じわ(浅いしわ)の改善につながります。

 

コラーゲン
皮膚の約40%を占める、弾力のある肌の土台です。
年齢とともに減少するため、しっかり補っていきましょう。

 

アミノ酸
コラーゲンをつくる原料で、水分を吸着して保湿します。
アミノ酸が不足すると、肌の潤いやツヤが失われるため、
しっかり補いたい成分です。