40代エイジングケア!正しい化粧水の使い方とは?

コットンに化粧水を含ませている手元イラスト

 

40代になると、毎日のエイジングケアの重要さが身にしみるという女性も多いと思います。30代では特にケアをしていなかった場合も、40代になり、肌質が変わり、肌の悩みが増えてくると、危機感を感じ、エイジングケアを始める女性が多く見られます。

 

 

そこで注意しなくてはいけないのが化粧水の正しい使い方です。せっかく自分の悩みに合った化粧水を選んだとしても、間違った使い方では効率も良くありません。化粧水を正しく使えているか、チェックしてみてくださいね。

 

 

チェックマーク使用量と使い方を確認

まずは、化粧水の使用量と使用方法を確認し、きちんと守って使うのが基本です。

 

 

チェックマークコットン?手?

化粧水をつける場合は、コットンでという方も多いと思いますが、叩くようにパッティングを行うと、肌の刺激になることもあります。また、多めの化粧水をコットンに含ませないといけません。一概には言えませんが、化粧水は手でつけた方が、推奨量が使え、肌への刺激も少なく、肌の状態を実感しながら使えるというメリットがあります

 

 

チェックマークつけ方と仕上げ

化粧水は、顔の下から上に向けて、優しく馴染ませるようにつけて行きましょう。つけ終わってからは、両手のひら全体で顔を包み込み、角質層まで浸透させるため、ハンドプレスを行いましょう。