40代からの正しい小じわケアとは?

スキンケアをしている女性イラスト

 

40代になると「乾燥がひどくなった」「メイクのノリが悪くなった」「ハリがなくなって輪郭がぼやけてきた」など、さらにさまざまな肌トラブルを実感するようになりますよね。30代で使用していた基礎化粧品が合わなくなったと感じる方も多いと思います。

 

 

基礎化粧品を変えるタイミングが分からないという方も多いようですが、年齢とともに変化していく肌質や肌トラブルに合わせて、基礎化粧品を見直すことはとても重要です。今の自分の肌質や肌トラブルの悩みをしっかり改善してくれるものを選ぶのが、
正しいエイジングケアに繋がります。

 

 

40代になると、加齢により水分や皮脂が減り、肌が乾燥するようになってきます。乾燥は小じわの大きな原因なので、40代の小じわケアでもっとも重要なのは、しわが定着する前に水分や油分を補い、しっかり保湿をして乾燥対策をすることです。

 

 

年齢とともに減少するセラミド・コラーゲン・エラスチンを積極的に取り入れましょう。基礎化粧品は、自分の悩みや目的に合った成分が配合されているものを選び、同じメーカーのものを揃えた方が効果的だといえます。メーカーをバラバラに揃えた場合、相性が悪く、肌に負担を掛けてしまうこともあるので、効率がよくありません。