顔ヨガで口元のたるみを引き締める!

顔ヨガのイメージ画像

 

年齢とともに気になる口元のたるみは、コラーゲンの減少に加えて顔の筋肉が衰えることが原因です。「ほうれい線」や「マリオネットライン」はしわだと思いがちですが、実はたるみなんです。深く刻まれたほうれい線やマリオネットラインは一気に老けた印象になるため、女性にとっては憂鬱な肌悩みですよね。

 

 

しかし、衰えた筋肉は鍛えることで、ハリ・弾力を取り戻すことが可能です。「顔ヨガ」は表情筋をほぐして鍛えるだけでなく、滞った血流を促進する効果も得られます。ここでは、顔ヨガブームを巻き起こしたヨガインストラクターであり、女優のアネリス・ハーゲンさんが推奨されているプログラムの中から8つのエクササイズをご紹介します。

 

@サッチモ

頬を思いっきり膨らませた女性

 

サッチモとは、アメリカのジャズトランペット奏者であるルイ・アームストロングさんの愛称で、頬の筋肉を鍛えるエクササイズです。両方の頬に空気をパンパンに入れて膨らませ、右⇒左・左⇒右と移動させます。ゆっくりと3セット行いましょう。

 

Aマリリン

唇のイラスト

 

マリリンは、口唇周囲にかけての口筋のなかで口を閉じたり、口を前方に尖らせる筋肉「口輪筋」を鍛えて引き締めるエクササイズです。額にしわを寄せない状態で、顔の筋肉だけを動かして投げキスをします。次に、人差し指と中指の腹を唇に当て、唇をすぼめて軽く3回プッシュします。

 

Bスフィンクススマイル

スフィンクス

 

鏡を見ながら、口角を上げて笑顔をつくります。目はそのまま動かさず、自然にリラックスした状態での笑顔を表情筋に覚えさせます。しわができない状態での微笑みで、しわができる表情のクセを直しましょう。

 

Cフィッシュスマイル

口をすぼめている女性

 

フィッシュスマイルは、唇と頬にハリを与え、肌のツヤを良くするエクササイズです。唇を軽くすぼめながら頬を吸い込むと、頬にくぼみができて唇が尖った状態になります。頬骨が高くなっていることを意識しながら4セット行います。

 

Dあやつり人形の顔

あやつり人形

 

あやつり人形の顔をイメージして、ほうれい線を伸ばすエクササイズです。指先をほうれい線に当て、押し下げながら微笑み、口輪筋と頬の筋肉をぐっと持ち上げるイメージで20回行いましょう。滞った血流も促進されます。

 

E舌のトレーニング

舌を出している女性

 

「お」を発音するように口を開け、舌を出して唇の周りをゆっくりと1周し、逆にも回します(×3セット)。そのとき、額と眉毛には力を入れずに自然な状態にしておきましょう。硬くなったあごをほぐし、ハリのある頬をつくるエクササイズです。

 

F天井に向かってキス

口をすぼめて上を向いている女性の口元

 

立った状態で頭を後方に傾け、天井に向かってキスをするように唇をすぼめて突き出します(×4セット)。首がしっかり伸びた状態で行うことで、口元・あご・喉・首を引き締めることができます。

 

G舌とノドを緩める

舌を出している女性

 

「あー」と声を出しながら舌を下方向に突き出して1分間キープします。このとき、額や眉毛には力を入れず、リラックスした状態で行うのがコツです。舌の筋肉をほぐすことで動きが良くなります。