口元のたるみは筋肉の衰えも大きな原因!

ほうれい線が目立つ女性の口元

 

年齢とともに「ほうれい線」「マリオネットライン」が目立つようになると、一気に老けた印象になってしまいますよね。実は、顔の下半分は若々しさや美しさを大きく左右しているため、女性にとっては憂鬱で「鏡を見るのもイヤ」という人も多いかもしれません。

 

 

口元のたるみは、年齢とともに肌のハリ・弾力を支えているコラーゲンの減少とともに、顔の筋肉の衰えも原因です。顔には20種類以上の「表情筋」があり、これらの筋肉が衰えることでたるみが引き起こります。

 

 

しかし、年齢に関係なく筋肉を鍛えることで、ハリ・弾力をアップすることは可能です。ただ、表情筋をほぐすマッサージや筋力を高めるエクササイズは即効性はあるものの、持続性はありません。1日に数回、繰り返して習慣にすることが効果を持続させるコツです。

 

口元のたるみを目立たなくするマッサージ

顔のマッサージイメージ画像

 

口を閉じて笑顔をつくるとほうれい線がハッキリとあらわれるので、そこからスタートします。

 

@口を閉じてほうれい線に人差し指を乗せる

 

A上から下へ小さな円を描くようにマッサージする

 

B下から上へ小さな円を描くようにマッサージする

 

Cこぶしを両方の頬骨に当てて耳に向かってグルグルと刺激を与える

 

D人差し指・中指・薬指の腹を口角に当てる

 

E鼻の下に向けて揉みほぐし、口角から下に向けても揉みほぐす

 

リンパマッサージ

顔のリンパマッサージをしている女性イラスト

 

リンパは体の末端から老廃物・二酸化炭素を回収して流れ、両鎖骨の下で静脈と合流します。しかし、顔のリンパの流れが滞ると老廃物が溜まり、むくみ・たるみ・しわの原因になってしまいます。リンパの流れを良くすることは、口元のたるみ予防・改善にも効果が期待できます。

 

@人差し指を下唇に当て、半円を描くように斜め下に動かす(左右×3セット)

 

A人差し指と中指の腹をあごに当て、口角からほうれい線に沿って小鼻まで持ち上げ3秒キープ×3セット

 

B人差し指と中指を下唇に当て、中央から口角に向かって筋肉を持ち上げ3秒キープ×3セット

 

C中指の腹を鼻の下に当て、外側に滑らせ頬骨の手前で口輪筋を持ち上げ3秒キープ×3セット

 

D手のひらを耳の前に密着させ、首筋〜鎖骨を流すように滑らせる×2セット

 

頬をキュッと引き上げるエクササイズ

虫眼鏡で頬をチェックしている女性

 

頬をリフトアップするためには、唇・口角・頬の筋肉を引き上げるイメージで行うのがコツです。

 

@人差し指の指先を目尻の下に当て、頬を斜め上に引き上げる

 

A口を左右に開き、口角を引き上げるイメージで「あー」と声を出す×20回

 

B人差し指の腹を目頭の下に当て、頬を上に引き上げ「いー」と声を出す×20回

 

C人差し指の腹を鼻筋に当て、唇を突き出し「うー」と声を出しながら頬の内側の筋肉を引き上げる×20回